« 竹の子。 | トップページ | ワイヤー調節-8回目- »

2013年7月29日 (月)

食事のこと

群馬県で一番歴史の長い矯正専門の医院『前橋矯正歯科』の歯科衛生士、小山綾乃(こやまあやの)です

今回、矯正装置がついてからの食事について体験をお話したいと思います !


装置が初めてついたとき、ワイヤー調節のあと歯が痛むときの食事のこと・・・

歯と歯が合わさったとき痛むことが多いので柔らかくて、少しの力で噛めるものがいいですdeliciouscherry
歯で噛み切ろうとすると痛いので“一口サイズ”にして食べるといいと思います( ^ω^ )restaurant

私は最初に装置をつけたあと、歯が痛んだときはコーンフレークを牛乳でしばらくひたして柔らかくしてから食べました (*´σー`)
柔らかいコーンフレークはあまり噛まなくても大丈夫だったので歯が痛いときは食べやすかったです (*^ー゚)
私のブログを見てくださった患者さんも「コーンフレークは食べられました!」とお話していただきました(o^-^o)note

ご飯はおかゆのように柔らかくして食べると食べやすいと思います(*^-^)
麺類は柔らかくても弾力(コシ)のあるものは噛んだときに痛かったです ・・・讃岐うどんとか (;´ω`)
パンも柔らかくても歯で切ろうとすると痛むので一口サイズに手でちぎってから食べていました ・・・パン、歯が痛いときは意外と強敵です((・(ェ)・;))笑

 

ずっと痛いわけではなくて、矯正装置がついて、ワイヤーの調節をしたあと1週間弱は大変なだけで、そのあとは普段と同じ食事ができますrestaurant
(硬いもの、粘るもの(キャラメルなど)は装置が壊れてしまう原因になってしまうので避けています)
私は「痛くて全く食べられない」ということは今のところありません(゚ー゚)

 

そのほか、装置にまだ慣れていないときはストローで飲む、ラーメンをすするなど“吸う”ことが大変でした noodlebomb
1、2週間たって装置がついていることに慣れてきたころ、普通に吸えるようになりました(゚ε゚heart01)

 

装置がつくと、どうしても食べかすが装置の間に挟まってしまいます(≧ヘ≦)
挟まりやすいと私が感じているものは麺!
特にパスタとラーメンnoodle
もやし、ニラなどの細くて長い野菜 もよく挟まりますclover
楊枝などを使えばすぐに取れますが、食べた後は少し大変です (;-ω-)


矯正装置を付けてからの私の体験です(´ω`)
少しでも参考になればうれしいですshine

|

« 竹の子。 | トップページ | ワイヤー調節-8回目- »